もっと見る >

もっと見る >

源氏物語 中 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集05)

Tweetする
シェアする

関連ツイート

歌人utabito

とけて寝ぬ寝覚めさびしき冬の夜に むすぼほれつる夢の短かさ 詠み人:源氏(源氏物語・朝顔)

白玉あんshiratama_anne

珍説検証中。源氏物語原文に少しずつ当たっているのですが、やはり車の所が気になる。「車の音すれば若き者どもの覗きなどすべかめるにこの主とおぼしきもはひわたる時はべかめる」~車の音がすると若い人たちが覗いて見るようだが、この女主人と思われる方もこっそり行く時があるようでございました~

フジsgm_apriley

美しいと思う小説のタイトルかぁ 素晴らしすぎるハッシュタグだな... 単純に好きな作品に綺麗なタイトル多いなって思う 銀河鉄道の夜、よだかの星、夢十夜、蜜のあはれ、瞼のひと、博士の愛した数式、あと源氏物語の巻名とか 日本語万歳

影山の追試対策会をしたときに、源氏物語を読んだあいつが、 影山『要するに光源氏は及川さんみたいな奴なんだろ?』 とか言い出して、金田一も俺も腹筋崩壊。部活で話したら皆笑い転げるし及川さんは怒り狂うし、もう大変だったんだよね。そういうバカ正直なのも悪くないなって、今は思える。

源氏釈:藤原伊行 源注拾遺:契沖 源氏物語新釈:賀茂真淵 源氏物語玉の小櫛:本居宣長 湖月抄:北村季吟 ちぃ覚えた

源氏物語で桐壷更衣へ嫌がらせをするのに、廊下に「あやしきわざ」をして、通る人の裾がとんでもないことになるようにさせた、っていう一文があるな。何をしたかについては人の糞尿を撒いた説と肥料に使う魚糞を撒いた説の二つがあるんだが、まあ用意しやすいし多分前者だろうな。

金星「源氏物語とか見てると、みんな扇を持ってるでしょ?あれ、パタパタあおぐ為だけの物じゃ無いみたい。昔の着物って袖が大きいから、ああ言う長い物を持っておかないと手が袖の中に埋没しちゃって不便なんだって」

短歌の勉強study_of_tanka

身にしみて物を思へと夏の夜の螢(ほたる)ほのかに青引きてとぶ ,(與謝野晶子) ,『源氏物語』 , 螢

続 #美しいと思える小説のタイトル 源氏物語 まぁ、人生の行き先変えた本ですし、砂崎には。源平の合戦・絵本シリーズにハマっていたころ、平家物語の横に、与謝野訳のこの本がなかったら今ここにいない。(北条政子に会えると思って読んだんだけど)

慎吾GOSHINGO1

紫という名をゆかりと読めない低教養なDQNとは関わりたくないというまとめ記事を読んだのだがこれってある意味最古のDQNネームじゃん。確か源氏物語を宮中の女達が身内だけの呼び方として「紫(式部)のゆかり」と言い出していつの間にやら「… https://t.co/7AViqVOkFp

三鶴コピペbotmituturu_bot

鶴姫:「源氏物語」(上)・(下)を読んで感動しました。 その後「源氏物語」(中)を発見してびっくりしました。

ノブ♪nobukmyy

今日(昨日、か)一番に嬉しかったのは、学術文庫版の『源氏物語湖月抄(中)』が、古本で安く入手できたこと✨\(^o^)/ワーイ🎵 半ば諦めていたので、上中下コンプリート、ホント嬉しい……

黒カンスケ55mikazuki

関係ないけど源氏物語って時間を置いて2回読んでみたけど楽しみ方がわからないwwwwwだから何って感じwwwwwwwwwww

あきちゆうakichuu_630

頭の中で ずっと白雉の場面の曲が流れてて ふとあの光景が甦ってきてドキッとする😧 ほんと あの場面の振付けが好きすぎるわ… 確か振付けは峰さを理さんだったと思うけど 新源氏物語の六条御息所の生霊の場面も好きだったな 結局は れいち… https://t.co/T8wVbAsHPx

#美しいと思える小説のタイトル 存在しない源氏物語のタイトルで「雲隠」なのが一番でしょ

虹薔薇RegenbogenRosen

始さんの歌詞が好きすぎてやばい 鳥海さんの声で源氏物語聴きたくなってるのは、これが原因だと思う

夜桜miyabi4399

そういや今日源氏物語の総角の巻やったんだけど、総角の巻(あげまきのまき)とありよりのありって語感めちゃくちゃ似てない?って一人楽しんでいた ありよりのありとか使ったことないけどね

黒バス古典botkrbskotenbot

【国語常識】一条天皇には中宮が二人!中宮定子(一条天皇とらぶらぶv)側の女房が清少納言(枕草子)、中宮彰子(道長の娘)側の女房が"日本紀の御局"紫式部(源氏物語)"恋多き女"和泉式部(和泉式部日記)赤染衛門(たぶん栄花物語)たち……。女には女の戦いがあるんだから!(桃井)

男梅グミOtokoumemnst

あっはは源氏物語おもしれー😭😭😭

見し夢をあふ夜ありやと嘆くまに目さへあはでぞころも経にける(『源氏物語』帚木巻―光源氏―)

出典: amazon.co.jp

源氏物語 中 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集05)
  • 定価:3500円(税抜)
  • 価格:- 円(税抜) ※Amazon.co.jp 2018年3月18日 23:09 時点
  • 発売日:2018年11月27日
  • フォーマット:単行本
関連ニュース

ニュース一覧 >

もっと見る >

もっと見る >

新着ニュース

もっと見る >

人気ニュース

もっと見る >