ヒトラーの試写室 (角川文庫)

Tweetする
シェアする

関連ツイート

ナカムラnakamura0218

『ヒトラーの試写室』面白かった。

あと小説としては久々に衝動買いした『ヒトラーの試写室』(松岡圭祐)がすごくよい。『オリンピアと嘆きの天使』(中川右介)でも触れられてた『新しき土』って映画の話なのでぞくぞくしながら進めてます。

Herriot itouHerriotItou

『ヒトラーの試写室』松岡圭祐著 角川文庫 読了。このところ松岡氏の近代を題材にした小説にはまっている、この作は黎明期の映画界で特殊撮影のプロ・円谷英二がナチスからある依頼を受けることから始まる。ドイツに派遣したのは柴田彰でナチス国策映画の特殊撮影の技術を伝授するためだった。面白い

やらたんshadow_yara

ヒトラーの試写室面白そうやね:;(∩´﹏`∩);:

松岡圭祐『ヒトラーの試写室』(角川文庫)を読んだ。またも史実に基づいた歴史物。『タイタニック』はもともと戦時中のドイツでプロパガンダ映画として創られていた!さらに特殊撮影技術者として日本人の青年が関わっていた!全く知らなかった!最後は感動! ちなみに今作はまた角川文庫から。なぜ?

o'comao_coma_34

ヒトラーの試写室、読了。素晴らしく面白い。史実に基づいてるとのこと。円谷英二、原節子にはじまり、ヒムラー、ゲッペルス、藤田田まで登場するから驚いた。泣くと言うのとは異なる感動。もし自分がこの時代に生きていたら、このように周囲の状況を見ていたのかもしれない。松岡圭祐、次何読もう。

松岡圭祐さんの「ヒトラーの試写室」読了。'気づいていたが、目を背けていた。' そうして小さな流れは少しづつ少しづつ大きくなり、気づいた時には抗しきれなくなっている。

yamanecoyamaneco15

日の名残りまだ読めてない… うっかり松岡圭祐さんのヒトラーの試写室を通勤鞄に入れてしまったから😂 ヒトラーの試写室、まだ序盤だけどこの後ぐいぐい引き込まれる展開になる予感しかない。

Hr_Kato_gateauchocolat

2.『ヒトラーの試写室』読了。 史実に着想を得た小説とのこと。WWII前後の日本とドイツが舞台。 相変わらず松岡圭祐氏の筆致は、読者を話の世界へ没入させる。前半は明る目だからいいものの、後半は重い展開に心痛む。救いはあるのか、と気になって一気呵成に読んでしまった。

出典: amazon.co.jp

ヒトラーの試写室 (角川文庫)
  • 定価:800円(税抜)
  • 価格:- 円(税抜) ※Amazon.co.jp 2017年12月23日 01:02 時点
  • 発売日:2017年12月21日
  • フォーマット:文庫
関連ニュース

ニュース一覧 >

もっと見る >

新着ニュース

もっと見る >

人気ニュース

もっと見る >