宝くじで1億円当たった人の末路

Tweetする
シェアする

関連ツイート

HIRO-BHIROB13

搭乗待っているレディが、一心不乱に読書してる。 「宝くじで1億円当たった人の末路」 という本。

【店長のつぶやき】先日書店へ赴いた際、ユニークなタイトルに惹かれて購入した「宝くじで1億円当たった人の末路(著:鈴木信行 日経BP社発行)を中程まで読みましたが、面白いですね。 手に取った際の印象とは内容が少々違いましたが(コミカルな内容かなと思いました)、興味深く読み進めます。

鈴木信行著「宝くじで1億円当たった人の末路」@日経BP社。この本を読んだ人の末路、①女性活用ならぬ男性“喝”用に叱咤激励され、②同調圧力から脱して自分のやりたいことやろうと思い始め、③グンゼのSEEKを着用し、オシャレになったと誤解して、不倫に走ったりして身を滅ぼす。危ないで書。

友利仁tomori_hitoshi

「沖縄タイムス」今日の読書面 ベストセラーズ【いしだ文栄堂本店】 ⑤西野精治著「スタンフォード式最高の睡眠」 ⑥椎名マキ著、渡辺信幸監修「肉・卵・チーズをたっぷり食べて 1年で50kg痩せました」(講談社・1080円) ⑦鈴木信行著「宝くじで1億円当たった人の末路」

出典: amazon.co.jp

宝くじで1億円当たった人の末路
  • 定価:1400円(税抜)
  • 価格:- 円(税抜) ※Amazon.co.jp 2017年10月17日 02:29 時点
  • 発売日:2017年3月25日
  • フォーマット:単行本
関連ニュース

ニュース一覧 >

もっと見る >

新着ニュース

もっと見る >

人気ニュース

もっと見る >