生涯投資家

Tweetする
シェアする

関連ツイート

R527000ryota527tt

意識的に自分の近所や職場で起こっている出来事を見ていれば、テンバガー(購入時の価格の10倍に成長する株)を見つけられる。生涯、投資についてはなんら経験もなく、あるとき、突然のように退職金を受け取って、それを株式市場の注ぎ込むのです。配当と弁当の区別も付かないのに。 投資家 ピータ

村上世彰の『生涯投資家』 ニッポン放送に関する一連の流れがわかりやすく記載されている ニッポン放送とフジテレビとの関係は、そりゃ、いびつな資本構造(資本関係)だわ、と思わざるを得ない関係だった

村上世彰氏「生涯投資家」読了。村上ファンドと呼ばれ、世間からバッシングを受け続けた村上氏のコーポレートガバナンスに対する想いが凝縮された一冊。経営者とはどうあるべきか、投資とは何のために存在するのか、彼の哲学はとても美しい。読み応えがあり、ぜひビジネス好きの皆様に読んでもらいたい

「愚かにも美を無視するなら、たちまち美は失われ、人生は貧しくなる。だが美に投資する賢さがあれば、生涯、美はあなたとともにある」 (フランク・ロイド・ライト:アメリカの建築家)

村上さんの生涯投資家見ると、改めて日本とアメリカの投資に対する会社の株主に対する姿勢の違いを痛感。アメリカの考えは超正論のような。資金を株主にもらってリターン、資金に使い道がなければ、自社株買いで株主に返還など。常に前を向いて走ってる。内部留保が多い日本と全然違う。

生涯賃金は就職した時の景気に大きく左右されるのならば、大学生は政権を取ったら株や円が売られそうな政党に投票するのは避けた方が良い、という事になるよなあ 自分自身ではなく投資家の印象の問題なのが難しいところ

だるさんAiri0009

「自分が正しいと思うことにたいして、妥協ができない。したくない。」という激しい性格は、その後の人生においても、いろいろな場面で災いとなっていく。そのことは理解しているのだが....。 村上世彰 「生涯投資家」p97

デルトロdand3net

村上世彰氏の生涯投資家はいまだからこそ読むべき良書。東芝、日産そして神戸製鋼と言った日本有数の大企業が何故こうも腐敗してきたのか、その答えの一つのテーマを考える良い機会になる。

夏川大空natukawa_sky

「生涯投資家」はじめの方しか読んでないのにもうチンプンカンプンだ。 用語もそうだし他にも色々。 もしかして私ビジネスの 話がわからんのじゃないだろうか。

ohoihjohoihj

村上世彰氏の「生涯投資家」を読んだせいで「野蛮な来訪者」をポチることになってしまった

MARUUUmaaurr

村上世彰の「生涯投資家」読んだ。逮捕のイメージで誤解していたらしい。すごく立派な人だ。

あと、村上ファンドの村上世彰氏が書いた 「生涯投資家」 こいつも読み物としてGOOD。 かつては検察に捕まった過去があるが、企業価値を上げるために、ファンドマネージャーとしての責務に精進していた様子が伺える。 最初っからファンドビジネスじゃなかったんだなあ。 人脈すごすぎです

まだ読みかけだが、村上世彰「生涯投資家」が面白い。自身の理想と経済活動を一致させ、ファンドマネージャーとして多大な利益をあげながら、日本の株式会社にあるべき姿を求める。この非凡な人が金の亡者のように報じられた。大メディアの報道を見ても、何が起きているか、実は何もわからない。

今日の日経ヴェリタスの特集は面白かった。村上世彰の生涯投資家で触れられていたように、キャッシュを溜め込み、低いROEで、ぬくぬくと危機感なしに上場している日本企業。M&Aなど新陳代謝も少なく、日本市場がなぜ割安に放置されるかという話。でも流れは変わってきているようだ。

トレボ9月後半買取情報!一般書(実用)生涯投資家【村上世彰】1000円で買取します。2017年9月30日まで。

村上世彰御大の『生涯投資家』の影響が余りに大きく、自分でバリュー株投資ファンド(アクティビストファンド)を創めることを夢想してます。それkwsk!という方ご連絡ください。 DMもしくは ykatou@Gメール です。

Abeken.comab1011ak

村上ファンド社長の生涯投資家が面白い。

僕は、ありのままを『生涯投資家』に書いたつもりでいます。だから、この本を読んで怒っておられる方々もいるかもしれない。そうした方々と、もし対談の機会があれば、僕が目指していたことについて話をしたい。そうすることで、本当は何が起きていたのかが正しく世の中に伝わると思います。

出典: amazon.co.jp

生涯投資家
  • 定価:1700円(税抜)
  • 価格:- 円(税抜) ※Amazon.co.jp 2017年6月22日 10:02 時点
  • 発売日:2017年6月21日
  • フォーマット:単行本
関連ニュース

ニュース一覧 >

もっと見る >

新着ニュース

もっと見る >

人気ニュース

もっと見る >