もっと見る >

もっと見る >

エコノミスト 2016年 1/26 号 [雑誌]

Tweetする
シェアする

関連動画

関連ツイート

野村證券nomura_jp

マーケットエコノミストの佐々木です。海外のニュースワイヤではビットコイン、仮想通貨のニュースがとても多いです。日本はまだ少ないですね。ブロックチェーンは未だ一度も改ざんされていません。その潜在力に海外の方がビビッド。試しに買ってみたいのですが、奥さんの許可が下りそうにありません。

権丈善一botbot_kenjoh

現代経済学辞典による「生産性」の記述「乗用車の組立工程を日米間で見ると、日本1に対して、米国0.35である。しかし、通常エコノミストや新聞が用いる生産性は付加価値生産性で、価格の高い米国の自動車産業が、物的生産性は小さくても、付加価値生産性が高くなることがあり…」

TVを見ていると「インフラ民営化は財政再建に不可欠」みたいなエコノミストを見かけますが、非営利でやっていたモノから企業が利益を得ると何が起こるか? ・同品質で高価格 ・同価格で低品質(安全軽視) ・今まで通りで給与削減(低品質) 子供の口に入る水道とかを自由化して本当に大丈夫?

nan00000002nan00000002

エコノミストは長期と短期は容易に両立するという。実際にマネジメントを行っているものは、そう簡単でないことを知っている。

StockTraderStockTraderBOT

エコノミストは理路整然と曲がる

文春野球bunshun_yakyu

【WL出場者⑬】 阿佐智(あささとし) 世界の野球に魅せられ20か国380を超える球場に足を運ぶ。国内野球の取材も精力的にこなし『ベースボールマガジン』『週刊エコノミスト』などの紙媒体のほか、NPB侍ジャパン公式サイトにも執筆。W… https://t.co/3WDDIOkjxC

Yasunoosa_noosa

日本を代表するエコノミストとして、 海外でも高く評価されている植草氏が、テレビ画面から消えたことによって、 竹中平蔵の金融政策のお粗末さを批判する人がいなくなり、 ますます、日本の経済は混迷を極めたともいえる。残念なことだ。

吉田敦生100norikyuu

集団的自衛権の文言に、我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある場合とあるが、海外からのと思っていたが、敵は国内にいた。消費増税により日本を壊滅しようとする財務省、日銀、増税御用学者やエコノミスト、政治家、これらは国民の敵だ!

日米金利差の拡大で円安継続というエコノミストの話が信用できないことがよくわかった。

江波シゲオenamishige

経済学を学ぶ目的は、経済問題に対する出来合いの回答を手に入れることではなく、エコノミストにだまされないための術を学ぶことである。~ジョーン・ロビンソン(イギリスの経済学者)

GNTLiberalGnt

#WBS でコメンテーターをエコノミストにしないのはなぜなのか。

maspyMASPY1975

梅澤氏が指摘する米国株の今後のポイントは3つ。1)トランプ税制の効果、2)インフラ投資計画、3)利上げのペース。米国のエコノミストの見通しは様々で意見は分かれている。 #wbs

ばっさりFLktsrrg8BhWWfz

どうして、エコノミストは嘘ばっかり言うんだ。どう見ても24000円の壁で跳ね返されてるじゃねえか。2度目だぞ。 #wbs

【心理テスト】 彼に罵倒されました。どうする? 1言い返す 2無視 3逆に尽くす ↓ ↓ ↓ 【結果】 あなたの辛抱度がわかります。 1ロボット人間 辛抱度1% 2エコノミスト 辛抱度20% 3心の支配者  辛抱度100%

日本の内需はもはや期待できない。有力新興国の消費市場をめざせ。「脱・日本」こそ新グローバル戦略だ。 (門倉貴史、エコノミスト)

日銀が昨年前半の物価上昇でエネルギー要因が大きい、というエコノミストの批判を無視して成果を誇り、今になってエネルギーを除く指標を公表したのは「今さら」(与次郎氏)であり、「原油が下がってエネルギーを除こう、ではフェアプレーとは言えない」(同)。然り。

株も仮想通貨も、エコノミストが楽観視したら「売り」、エコノミストが悲観視したら「買い」ではいるのが経験的には正しいww #ビットコイン

本日はエコノミストの五十嵐敬喜さんのお話を伺ったか、非常に分かりやすく、かつ人を引き付ける話し方をされていて、終始聞き入ってしまった。さすが、TVなどで活躍されている方は違うな!

ニュートンプレスイーストプレス光文社Deagostini別冊宝島社文芸春秋新潮社ダイヤモンド社プレジデント東洋経済エコノミストNewtonサイエンスネイチャー岩波書店PHP三笠書房徳間書店学習研究社集英社講談社小学館秋田書店放送大学出版NHK出版幻冬舎角川書店アスキー日本実業社

エコノミスト見てたのにマジで日本カーボンと東海カーボン間違えてたなんて今さら言えない… 中計はタナボタ…

出典: amazon.co.jp

エコノミスト 2016年 1/26 号 [雑誌]
  • 定価:- 円(税抜)
  • 価格:- 円(税抜) ※Amazon.co.jp 2016年3月1日 16:15 時点
  • 発売日:2016年1月18日
  • フォーマット:雑誌
関連ニュース

ニュース一覧 >

もっと見る >

もっと見る >

新着ニュース

もっと見る >

人気ニュース

もっと見る >