もっと見る >

もっと見る >

山と溪谷2016年2月号 特集「体力不足、道迷い、楽観主義。現代の「遭難三大誘因」を探る。あなたも危ない! すぐそこにある山の遭難」

Tweetする
シェアする

関連ツイート

今泉忠明 監修、小林百合子 文、小幡彩貴 絵『いきもの人生相談室 動物たちに学ぶ47の生き方哲学』(山と溪谷社)読了 Q 40歳を過ぎてもいまだに独身で老後のおひとりさま生活が心配です。 A 年功序列のアフリカゾウ 人生で培った知恵と経験があれば仲間に慕われ、老後もにぎやかです。

山と溪谷って雑誌は正直なところ素人を小馬鹿にする記事が鼻につくよね。ぶっちゃけ、読者層は年配の方が多いから「若者の○○ばなれ」みたいな、若年層や初心者を貶す話のが受けるのかもね。新規読者を増やす気あまりなさそう。 #登山

今月の山と溪谷は表紙を見た瞬間レジに向かってた。

みー@Sakuma dreisakuonigiri0705

山と溪谷のアンケートはがきに「好きな山域」や「登山歴」の欄がある。さすが登山雑誌。 最初、山域を山城と読み間違えて、城?山城限定?竹田城跡かな…って書きそうになった( ̄▽ ̄;) 山と溪谷は当然山々の写真が多いんだけど、綺麗な写真一… https://t.co/nM07866mCC

パワハラ珠asagasindoi

山と溪谷社たけーけどめちゃくちゃ良い図鑑出すんだよな。海水魚はガチ。

根岸智幸zubapita

ヤマケイの佐々木さん。1冊目。『新 日本の桜』写真/木原浩 解説/大場秀章・川崎哲也・田中秀明(山と溪谷社)。日本の桜を紹介した写真集、野生の桜8種と、ソメイヨシノなどの栽培種多数が紹介されています。(続く) #スゴ本オフ

【新刊図書のご案内】家の中のすごい生きもの図鑑 久留飛 克明∥文 村林 タカノブ∥絵 山と溪谷社 外壁や軒下にいるニホンヤモリ、ベランダにいるハシブトガラス、庭にいるクマバチ…。最も身近にいながら、意外と知らない家の中にすむ奇妙な生きものたち全64種が、自らの暮らしぶりを語る。

出典: amazon.co.jp

山と溪谷2016年2月号 特集「体力不足、道迷い、楽観主義。現代の「遭難三大誘因」を探る。あなたも危ない! すぐそこにある山の遭難」
  • 定価:952円(税抜)
  • 価格:- 円(税抜) ※Amazon.co.jp 2016年12月20日 09:33 時点
  • 発売日:2016年1月15日
  • フォーマット:雑誌
関連ニュース

ニュース一覧 >

もっと見る >

もっと見る >

新着ニュース

もっと見る >

人気ニュース

もっと見る >